専業主婦も注意の闇金

ヤミ金とは利息制限法や貸金業法など全く無視した、完全にブラックな貸金業者の事を言います。企業としてやっている場合も個人が行なっている場合もあります。
また暴力団が行なっている場合もありますので十分に注意しましょう。

 

お金を貸す、返済を求めるということに関しては金融機関と変わりありませんが、その金利が文字通り法外でとんでも無い金利を要求されます。

 

何故ならば、金融機関が相手してくれない破産寸前の人を相手にお金を貸しているからです。つまり、何時破綻してもおかしくない人に融資するのですから高金利で短期間に回収をしようとしているのです。

 

一応借用書を取り交わしたりしますが、その契約内容は法律的には無効です。利息制限法の上限金利を超えた契約書は意味が無いからです。

 

それでも闇金を利用する人は後を絶ちません。銀行やサラ金が相手をしていないのですから、諦めて清算してしまえば良いのですが、日本人はまじめで必死にもがいて他人に迷惑をかけないように立ち回ってしまいます。

 

確かに取引先に支払いたい、従業員に給料を払いたい、自分さえ我慢すれば後はなんとかなる。そんな風に考えて無理を重ねてしまうのです。

 

でも良く考えてみて下さい。借金で支払う給与に意味はありません。債務を増やしているだけです。闇金と言う悪徳業者を肥やしているだけです。

 

もっと債務が少ない段階ならやり直せるかもしれないのに、わざわざ泥沼にハマっていく事をしているのです。