知人からの借金

知人からの借金とは一番基本的に一般的な借金かもしれません。それ故、余り迷惑をかける訳にも行かず、また、金銭感覚を疑われかねません。

 

利払いを求めるようなことはない場合もありますが、謝礼程度は皆さん払った記憶があるのではないでしょうか。

 

知人といっても家族や友達の場合はそれで済む訳ですが、それ程の知人でない場合はやはり金利面を含めて借用書を起こしたりするかもしれません。こうなってくると普通の金融機関とあまり変わりなくなってしまいます。

 

これ以外にも就業先からの前借りや良く行く飲み屋のツケも借金に含まれます。どれを考えても余り行いたくない行為ではあります。

 

何故ならば知人であるが故のイメージの悪さが付きまとうからです。どうしようもない事情があっても、それすら準備できないような預金もないのか?と思われたり、金銭にルーズだと思われるのは本望ではないのです。

 

こうした心情をうまく取り入れたのがサラ金であり急成長をしたビジネスモデルとも言えるのです。

 

知人に借りるよりも圧倒的に簡単で誰も文句を言わず支払いさえ続けていれば何の問題にもならないからです。その分金利として支払いますが、悪いイメージを持たれるよりはよっぽどマシだと思えるのです。

 

つまりは家族から用立ててもらうよりも簡単な借金が出来る様になったのです。

 

でも、良く考えるべきなのです。知人に説明する以上に必要な借金なのかを確認してみるべきです。余りにも簡単に借りれてしまうことで感覚を麻痺させていませんか。