できればオープンにローンを利用しよう

ローンを利用する時に一つの提案がオープンに利用する事です。これはマイナスなイメージが強い借金をオープンに利用する事で後ろめたい気持ちを持たない為にあります。

 

専業主婦の場合はご主人に相談なさって下さい。世帯を支えているご主人ですから自分の収入は良く理解していると思います。

 

それでもローンが必要な事態は、言わば緊急事態なのです。それを奥さんが一人でやりくりする必要はないと思うのです。共同体としての家族であれば問題が起きたら共有して解決に当たるべきだと思うのです。

 

そしてオープンにローンを利用する事のメリットがもう一つあります。それは遊びや気分でローンを借りれなくなると言う効果。オープンにしていますから債務の理由を聞かれたら話せる理由がないと借りれません。

 

世の中で案外多いローンの利用法は憂さ晴らしです。気分がむしゃくしゃしたから派手に使って気持ち良くなりたい。そんな理由でローンを借りたりギャンブルで一時嫌な事を忘れたいと願ったりするのです。

 

憂さ晴らしの借金は最悪なローテーションの始まりだと言う事を覚えておいて欲しいです。何故なら、気分で借りた借金でも債務の存在を簡単には消せません。

 

結局返済が続いてしまうのです。そうなると借金をしたことが今度はストレスに変わり、更なる憂さ晴らしを求めてしまうようになるのです。

 

こうなると悪循環が待っています。借りれなくなるまで憂さ晴らしを続けてしまうのです。憂さ晴らしや遊びで借金をする事を認めるご主人は居ないでしょう。

 

それを防ぐ為にもオープンに堂々とローンを利用して欲しいのです。