借入における専業主婦とは

金融業界での専業主婦は無職と何ら変わりない扱いを受けます。違うのはご主人の収入に対してご主人に貸すことは出来ても、専業主婦個人に対してはほとんど融資を断られるという現実です。

 

家庭としての収入は専業主婦の収入としては認められていないのです。

 

これが離婚の判例では世帯収入の半分を要求できたりしますが、離婚していないと無収入扱いなのです。何とも不思議で矛盾していると思える扱いです。

 

結局、相当の資産がある専業主婦以外は金融機関にとって難しい存在となってしまうのです。

 

総量規制が導入される以前のサラ金では専業主婦でも簡単に融資を受ける事が可能でした。しかも、収入のベースであるご主人に内緒で借りれてしまっていました。

 

現在では年収の3分の1までという規制がありますので、収入の証明がない専業主婦がサラ金を利用するにはご主人の収入に対して審査を受ける事になります。当然本人ではありませんので同意書や確認の電話が行くことになります。

 

以前のようにご主人に内緒で借りるということは不可能となってしまったのです。

 

しかし、これにも抜け穴がありました。総量規制が対象として管理しているのは貸金業法で管理されるサラ金業者です。銀行法の下にある銀行直営の無担保ローンは総量規制とは関係がないのです。

 

これが意味することは以前と同じように専業主婦も融資枠を契約できる可能性があるという事です。

 

しかし、相手は銀行ですから審査は厳しくなります。サラ金が専業主婦に貸していた時代とは違うと言う事を覚えておいて下さい。