任意整理と民事再生

借金の生産方法として代表的なものには任意整理と民事再生(個人再生)があります。

 

任意整理は弁護士等の専門家を通じて債権者と交渉して債務の減額と、一定の返済を約束するものです。大抵は3年間の返済を行うことを条件に債務額を減らしてもらうように交渉をします。

 

自己破産と違って全ての資産を整理する必要がありませんので家も持ったまま借金の整理が出来ます。

 

民事再生は裁判所を通して生活の再建を目的に返済計画を立て債務の減額をしてもらいます。この場合も住宅ローンの返済方法を変更することも可能ですので、家を手放さなくても債務の整理をする事が出来ます。

 

ただし、裁判所の判断で決定した返済計画は法的な強制力がありますので注意が必要です。

 

万が一返済計画を支払えなくなると債権者は強制執行が出来ますので、給与の差押えや家や資産を押さえられてしまう可能性があります。

 

いずれの方法も借金を減額して支払いやすくしてくれますし、家を失わずに可能ですので、返済に困ったら検討してみる価値があります。

 

自己破産では基本的に破産時点での一定以上の資産は処分されてしまいますが、上記の方法を取れば整理する債務を選んでいくことも可能で柔軟性があります。

 

どちらも法律家等の専門家に相談をした方が良いですので手始めに無料の法律相談等で聞いてみるのが良いでしょう。

 

借金問題は一人で抱えていても苦しくなるだけです。手助けしてくれる制度があるのにそれを利用しない手はありません。頑張って一歩を踏み出してみましょう。