無担保借入れ

無担保借入れとは借入れに対する保証として担保や保証人を付けず、一定の枠内で融資を自由に行える金融システムです。

 

キャッシングやサラ金、ローンとも呼ばれますが、ローンはもっと広い意味で使われる場合が多いです。

 

高度成長期の日本で銀行などの金融機関の審査の複雑な融資ではなく、簡便で誰にでも利用出来る融資として世の中に広まりました。

 

誰にでも利用可能な融資という事はリスクを伴いますので基本的に高金利を支払う必要があり、その存在が広まってから常に社会問題として捉えられる部分がありました。

 

資金に窮した人が利用する事で、一時的には助かるのですが、結局高金利を支払い続ける事が出来ず破綻してしまう状況が常に存在していたのです。

 

中には自殺や犯罪行為に及ぶ原因となっている一面もあり、サラ金地獄という言葉が報道される事もありました。

 

現在では法改正により多重債務や借り過ぎの防止策が取られています。また、無担保借入れをメインにしていたサラ金等の金融機関は淘汰、再編成され、銀行などの大手金融機関も参入しています。

 

これは無担保借入れ業界に大きな衝撃を与えた過払い金判例と法改正を期に業界の見直しが進んだ物でしたが、依然として高金利で高利益なビジネスである事に大きな資本が動いたと言う事も出来ます。

 

社会の庶民レベルの融資システムとしての需要はなくなる事が無く、その受け皿として他の金融システムが機能していない証拠でもあります。