専業主婦は目的ローンの契約者になれるか

専業主婦が目的ローンを組めるかどうか、疑問に思うかもしれません。基本的に収入の証明がない専業主婦は契約者になる事はできません。

 

普通はご主人が代わりに契約する必要があります。

 

少額な目的ローンであれば通るかもしれませんが、それでもご主人のサインを必要とする可能性が高いです。その商品をローンで購入することに同意する旨のサインを貰っておけばいざという時にご主人に支払ってもらえるからです。

 

保証人とまでは書いてませんが同意は取っているので請求を回してもおかしくないと考えるのです。

 

銀行の目的ローンに関してはその判断は銀行毎に違います。高額なローンであれば当然ご主人で契約したいと言われますし、少額であれば専業主婦でも通してくれる場合もあるでしょう。

 

いずれにせよ、目的ローンであっても専業主婦は弱い立場にある事は変わりません。

 

収入の証明がない専業主婦を契約者とした時のリスクをどう考えるかと言う事になるのです。無駄に審査で拒否されるより、最初からご主人と相談してローンを組む方が早いかもしれません。

 

専業主婦とはそう言う立場だと自覚して無駄な時間を割かないようにした方が良いかもしれません。

 

ローンを組むことは本来現在の収入の使途を組み替える事です。組み替える事は返済していく未来を考えなくてはいけません。安易に行うべきことではないのですからご主人と相談して行うことが一番のだと言えるのです