専業主婦のへそくりとローン

専業主婦でへそくりをしている人は多いかもしれません。毎月のやりくりの中からコツコツと貯めこんで出来上がったへそくりを見るだけでも楽しいでしょう。

 

専業主婦としてへそくりが出来る事はとても立派な事です。ご主人には内緒で貯め込んでいるので、それも楽しい原因になるのかもしれません。

 

1つだけへそくりの注意点があります。へそくりは本来専業主婦の自由になるお金としてとても重要だと思いますが、ローンを組む際にはへそくりを一旦使うべきです。

 

へそくりを神聖化して、絶対にへそくりを使わない人がいますが、そのせいで借金を作っては本末転倒になってしまうのです。

 

借金には利息が必要ですから、返済が長期化すればするほどその負担する金利もまた増えてしまいます。ローンを借りて利息を含めて毎月返済していく事が更なるへそくりを抑止してしまうのです。

 

ですから、へそくりを出せば借りる必要がないのであれば一旦はへそくりを使うべきなのです。そうすれば、返済に回すべき金額を毎月へそくり出来るではありませんか。
専業主婦が管理するお金としてへそくりもローンも根本的に違いはありません。頑張って貯めたという思いがあるのはわかるのですが、借金をする前にへそくりの利用を検討してみるのは価値があるのです。

 

無用な金利負担をする位ならば、それを返済しているつもりで貯めればまたへそくりは貯まるはずなのです。預金を持ちながら高金利な借金を持つとお互いの意味が相殺されてしまいます。

 

ましてゼロ金利の時代にローンの金利負担は圧倒的に高いはずですから良く検討をしてみるべきなのです。