誰かのせいにしても払うのは自分

他人のせいにして借金を正当化しようとする場合があります。これは個々の事情があるでしょうがまるで意味がありません。

 

何故なら、自分で作った借金は自分で支払う必要があるのです。それを誰かのせいにしてもその人に支払わせることは出来ないのです。

 

どんな理由があろうと自分で契約しサインした借金は自分の負債なのです。これは法秩序が守られている国でも何ら変わることがありません。

 

詐欺的な行為に騙されて作った借金だから自分が悪く無いと言い訳をする人が居ます。

 

有名なのは無担保ローンのモニター詐欺です。時給3万のバイトと広告されていて、楽そうだと申し込んだらサラ金のモニターをして欲しいと頼まれます。

 

指定のサラ金に行って契約をし、融資枠いっぱい借りてくればバイト料の3万円を支払ってくれるというのです。この際にあたかもサラ金の調査や関係会社を装っていますが、実は全く関係ありません。

 

サラ金で融資を受けてカードと借りてきたお金を渡すとたった数時間か1時間程度で3万円の報酬で喜んでしまうのです。しかし、実は渡したお金はそのまま詐欺業者に持っていかれます。

 

残るのは契約した債務がそのまま。つまり自分で借りたお金の一部を受け取って喜んでいましたが大部分を債務として返済する責任を追うことになるのです。確かにこのような詐欺は存在しています。

 

しかし、自分で作った借金を詐欺のせいにして逃げようとしている人と区別は付きません。詐欺業者の存在も証明できない事が殆どです。そうなると借金の返済は自分で行う必要があるのです。