銀行の借入

銀行の借入は一般的に審査が厳しくリスクを回避する融資制度です。少しでも危ない融資先は警戒されて融資をしてくれません。

 

これは銀行という公共機関が市民の生活を支えている側面があり、銀行の破綻は出来る限り無くしたいと言う政府の思惑による立法の為です。ある意味では民間の企業なのですが、公共性と言う側面の強さから保護管理されている企業でもあるのです。

 

しかし、現在の銀行では利益を得る為の方法が多岐に渡り様々な商売を繰り広げています。これは別の観点から見れば従来の銀行が利益を上げにくくなった事を意味しています。

 

従来の業務とは融資そのものです。住宅ローンや企業向けのローンが銀行にとってのメインの利益獲得手段だったのですが、現在では融資できる件数が限られているのです。

 

人口減少もこれに拍車をかけていますので、地方都市では銀行の合併や再編が活発に行われています。

 

売上になる融資が減ってしまった銀行は結局金融分野全般に手を伸ばして利益を得るようになりました。結果サラ金と言われる無担保ローンにも積極的に展開をしています。

 

そして管理法の違いから銀行の無担保ローンが総量規制外であると言う有利な点を前面に出してそのシェアを伸ばしているのです。

 

一昔前は国に管理され背筋正しい銀行と誰にでも貸すサラ金とは対立関係にありました。

 

しかし、現在の銀行ではサラ金の手法を吸収し同じ手法で利益獲得をしているのです。そうしなければ利益を上げられなくなり始めていると見ることも出来るのです。