専業主婦のクレジットカードはどうなる?

専業主婦のクレジットカードを考えてみたいと思います。

 

まず初めに結婚する以前に働いていてクレジットカードを持っていた場合、通常は結婚して名前が変わった届出をしますが、その際に専業主婦になったと書くような項目はない筈です。

 

これはせっかく獲得したカード利用者を手放したくない信販会社の思惑もあり、普通にスルーして利用できるのです。

 

しかし、結婚して専業主婦としてクレジットカードを申し込む場合は事情が違います。クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になりますので、収入の証明が必要となってしまうのでまともに審査をされてしまうのです。

 

これは銀行のキャッシュカードに付属するクレジット機能も同様に扱われます。ATMの側でしつこく勧誘された割には審査を通らない事もあるのです。

 

もちろん、パートやアルバイトをして収入があれば問題なく審査は通りますが、専業主婦の場合は難しいという事を覚えておきましょう。

 

どうしてもクレジットカードが必要な場合はご主人の家族カードなどを申し込む方が早いでしょう。家族カードはご主人主体のクレジットカードなので審査はご主人に対して行われています。

 

ですから専業主婦の場合はその方が正当な利用方法かもしれません。当然ながらご主人が申す込む必要がありますので内緒で契約する事は出来ません。

 

ネットで買物をしたり海外に出かける機会が多いとクレジットカードは非常に便利な存在です。上手に利用して行きましょう。