ブラックリスト

信用調査会社と言う存在を皆さんは御存知でしょうか。

 

良く聞くブラックリストはこの信用調査会社の信用情報に事故歴がある事を意味します。事故歴とは債務の返済の遅延や滞納など、本来の契約から外れた状態を言います。

 

また、債務整理や自己破産の情報も7年間は信用情報に記載されることになっています。これも事故歴です。こうした利用者は金融機関にとって危険な存在であり、融資出来ない対象となるのです。

 

それをブラックリストと呼んでいるのです。実はブラックリストという特別な書類がある訳ではなく信用調査会社の個人情報の内容を指す言葉なのです。

 

ブラックリストという言葉には悪いイメージが付きまといますが、私はそれほど悪いとは思っていません。何故ならば覚悟した人がブラックリスト化しているからです。

 

ブラックリストになれば当然お金は借りることができません。

 

債務整理等をして借金が消えれば7年後にはブラックリスト情報も消えてしまいますので、また借金が可能ですが、滞納したままだと永遠に消えることがありません。

 

つまり、永遠に借金を出来ない状態です。このような状態の人はある意味では覚悟を決めているのです。自分の状態を把握して覚悟している人の方が、債務を増やし続けている人よりはまともだと思えるのです。

 

ブラックリストから消えるためには法的な債務整理をして7年の時間が必要です。また借金が出来るようになった時に無計画に借金を行うようでは過去の経験が生かされていません。

 

借りれる状況が借りる必要でない事を覚悟は教えてくれると思いたいのです。